昭和26年創業 ポン菓子一筋 金沢製菓 | 愛媛県伊予市

ONLINE STORE

金沢製菓について

  • HOME
  • 金沢製菓について

ポン菓子の歴史・金澤製菓の想い

ポン菓子の発祥は、戦後で食べものが不足している時代に、子ども達の元気な姿と笑顔が見たいという思いからポン菓子文化は始まりました。
ポン菓子とは穀類を主な原材料とし、ポン菓子機(穀類膨張機)を使用して膨化させた膨化食品であり、調理が困難な穀物を栄養価の高いまま消化しやすい様に加工した身体にやさしい自然食品です。 愛媛県東予地方では昔から「元気でまめに暮らして欲しい」という親心と地域の人々に幸せの福分けをするという意味があり、 縁起物として婚礼や新築祝い、出産祝い、還暦祝いの引き出物として重宝されているのも特徴です。

そんな昔ながらのポン菓子。
金沢製菓ではスタンダードなプレーン味を中心に、黒糖・苺・びわ等の味があり、その他にもトウモロコシや、はだか麦などをポン菓子にした商品がございます。 昭和26年から創業し、半世紀以上もポン菓子づくりと向かい合った昔と変わらない製法で一つ一つ手作りしています。 私たちのポン菓子づくりは「お米」を大切にする想いと良い物、本物を作りたいという想いが詰まっているのです。 手作りだからこそ、米や飴の状態が手に取るように分かり、年中変わらない美味しさを皆さまにお届けできると考えています。


金澤製菓のこだわり

創業以来、一度もぶれることなく使い続ける高品質なお米「松山三井」。粒が大きく見栄えが良い、金沢製菓の味付けに合う。

製造当初より、米菓子の命ともいえる『米』探しには重点をおき、味・品質共に納得できるものをと、厳選して参りました。 その結果、国産の酒米 『松山三井』一・二等級をもって、55年を越え安定的に米菓子の製造販売を続けております。 下記をご覧いただくとお分かりのように一粒一粒の大きさが格段に違います。製品の出来上がりの見栄えにも差がでております。

一粒一粒の大きさが格段に違うのが、松山三井の特長です。
こだわりの味付けと製法
こだわりの味付けと製法

元々、飴屋だった金沢製菓の味付けは水飴のブレンドにこだわりがあり、その厳しさは半端ではない。

  • 水飴は生き物の様に扱うが金沢製菓の鉄則
  • 香料や着色料はなるべく使わず自然の美味しさを追求するこだわり
  • 飴に果実のピューレを混ぜ込んだり出来上がりの風味を考えて量や時間も調整
  • つかずサクサク食感を出すための様々な工夫

金澤製菓の成り立ち

終戦後の昭和26年、創業期

終戦後で甘いものが少なかった時代・・・一代目 金澤増夫は、比較的手に入りやすい馬鈴薯澱粉で美味しい水飴を作っていました。しかし、次第に原料の澱粉が高くなり商売に行き詰まっていました。


平成3年、金沢製菓二度目の転機。

平成3年土産物として開発した「こめおこし」がヒット。二代目憲一朗は、「甘辛い」ではなく「辛甘い」お菓子を作ろうと思い「うすしお味のこめおこし」を開発。

金澤製菓の職人

昔ながらの頑固親父。自分の中に強いこだわりがあり扱いに困る。
ただ、ポン菓子に関しては誰にも負けない知識と技術と思い入れがある。
製造一連を全て担当。

趣味
金魚の飼育・繁殖

頑固親父に見習い中。
30歳にして人生経験豊富。
とにかく人と関わる事が大好き。
飲み会も大好き。

趣味
ゴルフ

とにかく良く働くお母さん。
細かい仕事を素早く丁寧にさばく。
形成、袋入れ、出荷、経理事務全般担当。

趣味
数独(超難)

育児をしながら仕事・家事全般担当。
金澤家の末っ子で平成27年に夫の収と家業を
継ぐことを決心。母八重子から経理事務業務を習得中。

趣味
パン・スイーツ作り

2代目の孫。
金沢製菓のムードメーカー。
憲一朗の機嫌が悪くなったときに一番効果的。

好きなもの
ポン菓子(特に苺味)
お問い合わせはこちらから